【FF14】新生エオルゼア編(Ver 2.x)メインクエスト終了(ネタバレなし)

Pocket

NewImage

最終シナリオを昨日クリアしました。一応物語としては完結ということになります。

私と FF14 は旧版からの付き合い。

しかしながら、当時 Windows マシンももっていないのにパッケージだけ買ってしまい結局一度もプレイすることなく数年が経ち、歴史的大失敗と例をみない「新生版」として復活した PS3 からはじめました。

しかし、PS3 のグラフィックではもうひとつ燃えるものがなく、2013年8月のサービスイン後1ヶ月程度でほとんどやらなくなっておりました。元々 FF11 プレイヤーでもありましてその変わりようにも戸惑ったんですけどね。

2014年2月からの PS4 β版を経て、正式発売の 2014年4月からはなぜかわりとまあハマってやっておりまして、約1年どっぷりとエオルゼアの世界を満喫しました。

久しぶりに MMORPG を満喫させていただきました。

2.x 終わってみて

メインクエストのストーリーはいまひとつだとはよく言われていますが、私はそれなりに楽しめたように思います。

特に今回の 2.55 は素晴らしかったと思います。(ネタバレは確かにしないほうがよさそうですよね)

イシュガルドに行く理由付けという意味では多少強引かなと思う節もあったりしましたが、面白い展開で移行できそうです。

私はサラリーマンでプレイ時間はそれほど取れないんですが、一般的に MMORPG でエンドコンテンツを満喫するためには膨大な時間を要求されていた FF11 のイメージがどうしても払拭できずに最初のころはあまりプレイできませんでした。

しかしながら FF14 というゲームは IL制が取られていて、メジャーバージョンアップごとに最強装備とそれに準ずるトークン装備とその中間的な位置の装備などが実装され、プレイヤーが常に装備面ではほぼ横並びになれるシステムが取られています。また、こつこつと武器を強化できるゾディアックウェポンというシステムもあって武器を育てる楽しみもありました。

毎日プレイするわけではないですが、それでも今ではナイトと戦士の装備に関してはバハムート装備以外はそろったかなってところまでは遊ぶことができています。

はまっているならそれなりに遊び込むことができ、やっていない時期が多少あっても追いつけるようなバージョンアップ期間と IL の調整がなされていて私にとっては非常にマッチしたゲームでした。同じような立場の方にはおすすめできるゲームだと思います。

もし昔のようにヘビーに一日5時間も6時間もやっている時期ならそう思わなかったのかもしれませんね。

いよいよイシュガルドへ

メインクエストが終わりましてあとは蒼天のイシュガルドを待つだけとなりました。

ええ。あのドラゴンのフィギュアのはいったデカイ箱のやつを買いますよもちろん(笑)発売日には盛大に開封の儀をやりたいと思ってます。

とは言え、発売日は6月なのでまだまだ2ヶ月以上あります。残りの時間をさてどうしたものかと。まあ、まったりくらせばいいかなぁと思ったりしました。

ナイト的には真成編に挑戦するってこともありましょうし、戦士的にはZW2本目を完成させようと思えば時間はあるでしょうね。

ZW はとても大変なので余裕があればということにして、やっぱりアイテム的にはそれほどもう欲しいとは思いませんが、真成編の戦闘とかギミックは体験してみたいので CF も開放されたことですしそろそろ取りかかっていこうと思います。

ま、それはさておき、ガーロンドアクセサリ系の STR系はまだ強化が終わっていないのと、詩学武器の取得はトークンとクリスタルタワーをやっていれば取れそうなので一応やっておこうと思います。それだけでも5,6週くらいは遊べそう。

NewImage

ガーロンド武器は戦士のみ取得しました。

いざ、イシュガルドがサービスインしたら、新ジョブそっちのけでレベル上げもはじまりますよね。

暗黒騎士を育てるか、ナイトをLv60にするか、、、非常に悩ましいところはありますねw 暗黒騎士はイメージ的に INT 系が絡んできそうな気がするので黒魔道士のレベル上げをはじめるかな。。とも思いましたが DPS のレベル上げはきつそうなので挫折しそうですけども。。

あ、郵便屋さんクエストをほとんどやっていないのでそちらはコンプリートしておこうと思ってます。

3.0に向けてPCを購入

あ、そうそう。大変今回の新生エオルゼアは楽しませていただきましたので、3.0 では Windows版でぜひプレイしてみたいと思い、ゲーミングノートPCを購入しましたですよ。

最強GPUと4Kディスプレイ、M.2 SSDが夢の共演:豪華すぎるゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5900PA1」徹底検証 (1/4) – ITmedia PC USER



3.0 はさらにヘビーに遊んでみたいと思ってます!

ではまた。

Pocket