[For Blogger] 効果あり!3行のコードを .htaccess ファイルに仕込んで、パクリブログ対策してみた。

Pocket

NewImage

色々と WordPress に入ってくるピンバックなどを見ていますと、「パクリサイト」の存在が認められます。

パクられること自体は別に気にしてもいないことなんですけども、画像などの直リンによって意図しない負荷が自サーバーにかかるというのもおかしな話です。

画像の差し替え方法などもあるわけですが、特定のパクリサイトからの画像直リンに対して「.htaccess」ファイルを設置するだけで一括して画像を差し替えられる便利な方法を男子ハックさんが公開されていましたので私もやってみました。

.htaccess の内容

私の場合はこういうコードを [wp-content/uploads] 以下に設置しました。

ファイル名は「.htaccess」です。ローカルでは「1.htaccess」というファイル名を作成して、FTPツールを使ってサーバーにアップロード後「1」を削除してリネームすると扱いやすいです。(先頭にドット「.」が来ると隠しファイル扱いになり、見えなくなりますので。)

私も詳しくは分かりませんが、このコードは特定のリファラーをもった閲覧者に対して画像を差し替えてくれるコードのようです。2行目のアドレスのところにパクリサイトのURLに書き換え、3行目のアドレスのところに差し替える画像を指定すれば ok です。

自サーバーの画像にせず、Flickr に置いた画像を使いましたので、負荷ゼロを実現できています。

設置後こうなりました。

一例ではありますが、他の記事についてもちゃんと反映されておりました。

8 24 8 25 連日行われた東京のブロガーミーティングがうらやましかったのでレポートをまとめてみました | ギーク ハッカー 1

まあ、記事そのものはパクられたままで仕方ないのですが、私の記事は写真が多めのサイトでもありますので、スクロールすれば出るわ出るわの警告画像。これなら少しは効果がありそうです。

特定のサイトがわかっていれば一括して、このように画像の差し替えができますので、パクリサイトでお困りの方は一度設定してみてはいかがでしょうか?

このようなよい情報を男子ハックさんありがとうございました!無断転載禁止の画像をパクらせていただきました(笑)

参考にした記事

無断転載を発見!.htaccessを使って画像差し替え対策してみました | 男子ハック
ond %{HTTP_REFERER} ^無断転載しているサイトURL.*$ RewriteRule ^(.*)$ 置き換えたい画像のURL [R=301] …



ではまた。

Pocket